武器鍛冶で稼いでるんでしょ?

順序が逆になりますが、初めに武器鍛冶が儲かるのか、儲からないのかについて書きたいと思います。
冒頭に書いたこのセリフ、たまに聞かれます。Ver1.0の頃から。

結論から言うと、そんなに稼げてません。むしろ、2回破産しました。

稼げている人は稼げているかもしれませんが、少なくとも私はゴールド神どころか、
銀行王も取得できていません。(1000万G,500万Gで貰える称号)

お前が下手なんだろ、と言われれば返す言葉がないけれど、おいしい商材をとことん打てなければ
こんなもんじゃないでしょうか。

これから始める人には夢を壊すようで申し訳ないけれど、荒稼ぎするような職人ではないという
認識は持った方がいいかもしれません。

あまり過度な期待を持って始めると、ドラクエ自体が嫌になってしまうという悲しいことが起こります。
実際、思うように職人でゴールドを稼げずモチベーションを下げる方をよく見かけます。

じゃあ、武器鍛冶職人は本当に稼げないの?

と聞かれたら、答えは稼ぐことは可能、になります。条件付きで。
その条件の一つは、ある程度の元手があることです。

具体的な金額は、稼げる対象となる武器について、初めて作成する場合は20回以上、
ある程度作成したことのある武器なら、10回は打てる程度です。

理由については今後書こうと思いますが、まあそういうものだという認識でいいと思います。

もう一つの条件は、相場を見る力がある(先を読むことが出来る)です。
始めたばかりの人は、何を言っているんだと思うかもしれませんが、極論、職人が下手糞でも
これが出来ればゴールドを稼ぐことは可能です。

他の職人に共通ですが、裁縫、木工を除いて、作成の上手い下手よりこちらの方が重要だと思っています
正直、最も人気があって選ばれ易い武器職人でこれを要求するのはどうかと思っていますが、
オンラインゲームでは仕方のないことなのかも知れません。

いきなりブログのコンテンツを否定してしまいましたが、それでも自分が作成した武器を
誰かが使ってくれて、ゴールドも稼げたら嬉しいし、楽しいのも事実です。

それでも武器鍛冶をやるぜ!という方、稼ぎとかどうでもいい、さっさと作り方とか教えろ!
という方は、次回の記事を参考にしてもらえれば。

次回は、職人レベル1から始める武器鍛冶について書きたいと思います。